ASH

C

urrent

現在のアッシュ

力を入れていること

アッシュは書籍や雑誌の企画・制作を手掛けるクリエイティブカンパニーです。現在、「分冊百科」「書籍・ムック」「電子書籍」、そして、企画制作から流通の手配までを行う自社発信コンテンツ「アッシュ・クリエイティブ」の4つを柱に事業を展開しています。2013年からは創立当初より取り組んでいる、海外で発行された書籍の翻訳・編集に一層力を入れ、これまでに、「ギネス世界記録」(KADOKAWA)、「スタートレック」や「マーベル」(DK出版/デアゴスティーニ・ジャパン)の日本語翻訳版の出版にも携わりました。さらに2019年に「アッシュ・クリエイティブ」として発売した絵本『コボロンの小籠包』では日・英・中の3か国語で電子書籍を展開し、世界へ発信しています。

  • MARVEL
  • GUNDAM
  • DISNEY
  • STAR TREK
  • MOOMIN

分冊百科(パートワーク)

当社で手掛けてきた分冊百科は、大半が全80号や全100号といった、長いシリーズです。そのジャンルは多岐にわたり、「マーベル」「ガンダム」「ムーミン」「ディズニー」といった誰もが知る作品をはじめ、アウトドアやクラフト、コレクションマガジンなどバラエティに富んだラインナップを制作してきました。なかでも根強いファンの多い「スタートレック」シリーズを徹底的に解説した「スタートレック ファクトファイル」は、海外で発売された304号に日本オリジナルの10号を加えた全314号を制作。この号数は、デアゴスティーニの世界最長シリーズです(2020年現在)。このように分冊百科だけでも年間100冊以上を手掛けるアッシュには、コンスタントに制作を続けるシステムと、専門分野に特化した人材が揃っています。

アッシュ・クリエイティブ

自社発信コンテンツ制作部門として、2018年に「アッシュ・クリエイティブ」をスタートしました。西洋甲冑をイラストと写真でまとめた『写真とイラストで見る西洋甲冑入門』を皮切りに、自社発信コンテンツの電子書籍及び紙媒体での制作を行っています。2019年には、オリジナル絵本『コボロンの小籠包』を発売。続いて、海外で発行された『マーベル・スタジオ・ビジュアル・ディクショナリー』(DK出版)や『スタートレック・シップヤード Vol.1・2 』(イーグルモス)の翻訳版を刊行し、新たなビジネスチャンスを創造しています。

  • 仮面RIDER
  • コボロンの小籠包
  • 西洋甲冑入門
  • スターシップヤード

アッシュの主な事業内容

  • Partworks

    アッシュパートワークス

    週刊・隔週刊の雑誌(分冊百科)を制作しています。マニアックな情報たっぷりのマガジンだけでなく、初めて挑戦する人の多いクラフトやジオラマといった組み立て方を解説するマガジンの制作ノウハウはどこにも負けません。

  • Designworks

    アッシュデザインワークス

    アッシュで制作している週刊、隔週刊の分冊百科のデザインをはじめ、電子書籍のレイアウトや一般書、ムックのデザインを担当。書籍以外にもパンフレットやポスター等、デザイン・DTPに関わる全てに対応いたします。

  • Creative

    アッシュ・クリエイティブ

    自社で企画・開発した、紙媒体や電子書籍の出版と販売を行う部門として2018年に発足しました。絵本「コボロン」シリーズ、海外出版社(DK出版やイーグルモスなど)から発売された本の翻訳版を制作しています。

  • Entertainment

    アッシュエンタメ

    各県を地図で読み解く「地図で楽しむ」シリーズなど地理系の一般書から、マニアックなエンタメ本など、幅広いジャンルの一般書やムックを制作。独自の情報網を生かした取材力と行動力、そして確かな提案力が自慢です。

P

revious Experiences

これまでのアッシュ

過去の制作物について

アッシュは1994年、アメリカのホラー映画雑誌『fangoria』日本版を制作したところから始まりました。1995年にはスタートレックの権利会社から認定を受け、『スタートレック ネクストジェネレーション オフィシャルガイドブック』をぶんか社より出版。 日本で初めて、スタートレックの写真付きガイドブックを手掛けました。2003年にはデアゴスティーニ・ジャパンより刊行された『週刊 スタートレック ファクト ファイル』の編集を担当。その後、『週刊 江戸』『週刊 宇宙戦艦ヤマト オフィシャルファクトファイル』『隔週刊 ブルーノート・ベスト・ジャズコレクション』『隔週刊 鬼平犯科帳 DVDコレクション』といった分冊百科の制作を担当しました。「書籍・ムック」では、話題を集めた『朝バナナダイエット』をはじめ、宇宙科学分野、芸術分野での新書など幅広く手掛けてきました。2013年から『ギネス世界記録』の編集を行い、2019年発売の『ギネス世界記録2020』まで7年連続で担当しています。

F

uture

これからのアッシュ

未来

アッシュ・クリエイティブについて

アッシュからさまざまなコンテンツを発信するべく「アッシュ・クリエイティブ」部門をスタートしました。自由な発想で企画や開発を続けています。まずは「コボロン」を絵本だけでなくキャラクターそのものを売り出せるコンテンツへと成長させるべく、企画を進めています。そして、アニメやイベント等、出版だけではなく多角的なアプローチでアッシュ独自のクリエイティブをつくり続けます。

アッシュのこれから

「創造」というのは「自分たちで考えてつくるもの」だと、私達は考えます。 私達は築き上げてきた実績や制作体制、人とのつながりを柱にし、これからも分冊百科や書籍の制作を続けます。また、「アッシュ・クリエイティブ」の発展と新たなコンテンツビジネスへと展開するため、様々な手段を用いて多彩な情報を届けます。
そしてこれから先の未来を考えながら、「あらゆるコンテンツをエンターテインメントに」というモットーを胸に、好奇心のアンテナを常に大きく広げ、今の世の中の“クリエイティブ”とは何かをとらえつつ、その時代の価値観にあったコンテンツをつくり続けます。

Current現在のアッシュ

力を入れていること

アッシュは書籍や雑誌の企画・制作を行うクリエイティブカンパニーです。現在、「分冊百科」「書籍・ムック」「電子書籍」、そして、企画制作から流通の手配までを行う自社発信コンテンツ「アッシュ・クリエイティブ」の4つを柱に事業を展開しています。2013年からは創立当初より取り組んでいる、海外で発行された書籍の翻訳・編集に一層力を入れ、これまでに、「ギネス世界記録」(KADOKAWA)、「スタートレック」や「マーベル」(DK出版/デアゴスティーニ・ジャパン)の日本語翻訳版の出版にも携わりました。さらに2019年に「アッシュ・クリエイティブ」として発売した絵本『コボロンの小籠包』では日・英・中の3か国語で電子書籍を展開し、世界へ発信しています。

力を入れていること

分冊百科(パートワーク)

当社で手掛けてきた分冊百科は、大半が全80号や全100号といった、長いシリーズです。そのジャンルは多岐にわたり、「マーベル」「ガンダム」「ムーミン」「ディズニー」といった誰もが知る作品をはじめ、アウトドアやクラフト、コレクションマガジンなどバラエティに富んだラインナップを制作してきました。なかでも根強いファンの多い「スタートレック」シリーズを徹底的に解説した「スタートレック ファクトファイル」は、海外で発売された304号に日本オリジナルの10号を加えた全314号を制作。この号数は、デアゴスティーニの世界最長シリーズです(2020年現在)。このように分冊百科だけでも年間100冊以上を手掛けるアッシュには、コンスタントに制作を続けるシステムと、専門分野に特化した人材が揃っています。

アッシュクリエイティブ

自社発信コンテンツ制作部門として、2018年に「アッシュ・クリエイティブ」をスタートしました。西洋甲冑をイラストと写真でまとめた『写真とイラストで見る西洋甲冑入門』を皮切りに、自社発信コンテンツの電子書籍及び紙媒体での制作を行っています。2019年には、オリジナル絵本『コボロンの小籠包』を発売。続いて、海外で発行された『マーベル・スタジオ・ビジュアル・ディクショナリー』(DK出版)や『スタートレック・シップヤード Vol.1・2 』(イーグルモス)の翻訳版を刊行し、新たなビジネスチャンスを創造しています。

  • 仮面RIDER
  • コボロンの小籠包
  • 西洋甲冑入門
  • スターシップヤード

アッシュの主な事業内容

Previous Experiencesこれまでのアッシュ

過去の制作物について

アッシュは1994年、アメリカのホラー映画雑誌『fangoria』日本版を制作したところから始まりました。1995年にはスタートレックの権利会社から認定を受け、『スタートレック ネクストジェネレーション オフィシャルガイドブック』をぶんか社より出版。 日本で初めて、スタートレックの写真付きガイドブックを手掛けました。2003年にはデアゴスティーニ・ジャパンより刊行された『週刊 スタートレック ファクト ファイル』の編集を担当。その後、『週刊 江戸』『週刊 宇宙戦艦ヤマト オフィシャルファクトファイル』『隔週刊 ブルーノート・ベスト・ジャズコレクション』『隔週刊 鬼平犯科帳 DVDコレクション』といった分冊百科の制作を担当しました。「書籍・ムック」では、話題を集めた『朝バナナダイエット』をはじめ、宇宙科学分野、芸術分野での新書など幅広く手掛けてきました。2013年から『ギネス世界記録』の編集を行い、2019年発売の『ギネス世界記録2020』まで7年連続で担当しています。

Futureこれからのアッシュ

未来アッシュ・クリエイティブについて

アッシュからさまざまなコンテンツを発信するべく「アッシュ・クリエイティブ」部門をスタートしました。自由な発想で企画や開発を続けています。まずは「コボロン」を絵本だけでなくキャラクターそのものを売り出せるコンテンツへと成長させるべく、企画を進めています。そして、アニメやイベント等、出版だけではなく多角的なアプローチでアッシュ独自のクリエイティブをつくり続けます。

アッシュのこれから

「創造」というのは「自分たちで考えてつくるもの」だと、私達は考えます。 私達は築き上げてきた実績や制作体制、人とのつながりを柱にし、これからも分冊百科や書籍の制作を続けます。また、「アッシュ・クリエイティブ」の発展と新たなコンテンツビジネスへと展開するため、様々な手段を用いて多彩な情報を届けます。 そしてこれから先の未来を考えながら、「あらゆるコンテンツをエンターテインメントに」というモットーを胸に、好奇心のアンテナを常に大きく広げ、今の世の中の“クリエイティブ”とは何かをとらえつつ、その時代の価値観にあったコンテンツをつくり続けます。